英会話教室のアシスタント募集  
新学期に向けて新しく教室アシスタントを募集します。

子どもクラスで働いてくださる日本人アシスタントを探しています。

仕事内容は主にレッスンのアシストですが、簡単な事務、電話対応もしていただきます。

児童英語教師になる勉強をしている方、経験者は優遇します。

日常会話程度の英語力必須。

子ども好きの方、よろしくお願いします。

勤務地:東京都新宿区新宿7-3-36-102 イングリッシュプール

勤務時間:火〜金 15:00〜18:00  
       土   午前中
       (週1〜3日)     

勤務期間:長期

雇用形態:パート・アルバイト

交通費:なし (近所の方お願いします^^)

時給:¥1000

  |  このエントリーのURL
グローバルに 

2016年もよろしくお願いいたします。

・・・ご挨拶が遅くなりました。

暖冬暖冬と言われていたのに、寒い日が続きますね。

18日には、東京でも、久しぶりの積雪で、交通が混乱しました。

10センチの積雪でも、”大雪”となり、

2時間駅の外で並んで、3時間かけて、会社に行くとか、

まじめな日本人ならではですよね。

欧米だったら、むしろ、前日に雪の予報を見ただけで、

ラッキー、明日は休み♪ とほとんどの人が自主的に判断しそう。。。

お国柄というのは、本当におもしろいと思います。

自分の国では当たり前のことが、他の国では全く違う。

いいこともあれば、悪いことも。。。

うちの息子は、ヨーロッパの某小国に住んで、

人々の、(よく言えば)おおらかさに”触れ”、、、というより、”刺激を受け”、

というより、むしろ、”とばっちりを受け”、、、

やっぱり日本が一番!という思いばかり強くして帰国しました。

例えば、、待っていたバスが来ないとか、スクールバスがルートを間違うとか、

水道が故障の一大事でも約束通りには修理に来ないとか。。

大人(私)は、最初はとまどっても、相手がいい加減なら、こちらもいい加減でいこう!

そう割り切って、適当にやり過ごすことを覚えましたが、

思春期ぐらいの子どもでは、なかなかそうはいかないですね。

新宿に住む子ども達は、学校や地域で、自然にいろいろな文化に触れる機会があります。

多様性を受け入れる下地が十分養われると思います。

イングリッシュプールにも、いろいろな国のお子さんや他の国に住んでいたお子さんが通ってくれています。

日本人のお子さんにもとっても刺激になります。

せっかくのこの地域の特性を生かして、みんなが、グローバルに成長して欲しいです。

これからもよろしくお願いいたします。


  |  このエントリーのURL
今年のクリスマスソ ング 
Please find below the two songs that we are using in the classes this year.

Santa, Where are You?



I'm a Little Snowman



Thanks as always to the guys and girls at Super Simple Learning for creating such catchy tunes.






  |  このエントリーのURL
HALLOWEEN PARTY 2015 

今年も、ハロウィンパーティが盛大に行われました。

今年のポールは、海賊の衣装。

何年か前の海賊より、メイクが薄かったせいなのか、

怖がるお子さんは、激減。

お一人、せっかく来てくれたのに、入れなかったスプラウツの男の子、ごめんなさい!

たくさんのお菓子やお料理の持ち寄り、ご協力、ありがとうございました。

全員が何かしらの仮装をしてくれてたので、

I am 〜〜.

と、自己紹介をしてもらいました。

派手な仮装をお願いしているわけでは、もちろんありませんが、

1年に1度の楽しみに感じてもらえれば、嬉しいです。

パパやママの仮装も、歓迎します!!

すっかりハロウィンが、10月の風物詩に定着してきましたね。

我が家も、10月は、ハロウィンのデコレーション。

31日に片付けて、11月の1週には、クリスマスツリーを飾りました。

張り切って、天井ギリギリサイズ。毎年デコレーションを変えて楽しんでいます。

ほぼ大人の息子(大学生)には、”うちはディズニーランドか!”と突っ込まれました。

小さいときは、一緒に飾り付けたのにね。。。

イングリッシュプールでは、クリスマスを話題にするのは、まだ先。

ハロウィン→クリスマスと一晩で変化するのは、アメリカンスタイルです。

最近は、ヨーロッパも、アメリカの影響で、クリスマスが商業化していますが、

昔は、クリスマスツリーなんて、クリスマスの1週間前に飾ってたと、あるEUの国の高齢の女性がが言ってました。

日本では、さらに、クリスマス→お正月のデコレーションに、一晩で変化し

ますよね。

でも、それもみんな、冬の楽しみですよね。

急に寒くなってきました。

気をつけてお過ごしください。


  |  このエントリーのURL
9月に思うこと 

今年の夏は、暑かったですねー。

いつまでこんな体温より高い日が続くのかと、うんざりしながら過ごしました。

でも、8月中旬以降、急に、朝夕が涼しくなって、

後半は、肌寒いくらいの気候。

9月に入ってからの暑さは、暑いと言ってももうあんな酷暑にはなりません。

もうすぐ、シルバーウィークで、10月になり、

ハロウィンで盛り上がって、11月に入り、

街がクリスマスカラーに染まると、あっという間に、新しいカレンダーの出番です。

ちょっと気が早いのは間違いないですが、

毎年、特に、この9月以降、瞬く間に時が過ぎるように感じます。

はらりと舞う落ち葉を見かけると、ふいに、きゅーんと寂しい気持ちになり、

嗚呼、季節が進んでるなーと思わずにいられません。

私の時の感じ方は、とりわけ、異常なのかもしれませんね。。

5年前はここまでじゃなかった。

10年前は、もっと普通だった。

もっと若い時は、もっともっと普通だったと思う。

・・・昨年、長男が受験生でした。

12月の中旬ごろ、お正月の過ごし方について尋ねました。

”そんな先のこと、分からない。どんだけ気が早いの?”

そのくらいの年代の子にとっては、時の流れは、そういう感じ方なのかと

驚かされました!!

案の定、年の瀬から、1月、2月、3月と、私にとっては、滝が流れるごとく過ぎましたが、

長男にとっての、この期間、

いかばかりのストレスを抱えて、やってもやってもキリの無い難問と自分との闘い。

試験本番後から、発表までの、なんとも言えない、あいまいな時間。

実は、私は、その間も、イングリッシュプールで、

純粋で、かわいいかわいい子ども達の笑顔に、ずっと癒されてました。

この場をかりて、お礼申し上げます。ありがとう。

大人にとって、一瞬とも思える瞬間にも、子ども達は、様々な好奇心を満たそうと

身体もアタマもフル回転しています。

その瞬間の連続を、ずっと大事にしてあげたいなーと思いながら、

子ども達の成長を見ています。


  |  このエントリーのURL

Next